起業家を応援するLAOアライアンス

起業家を応援するLAOアライアンス

【LAO起業講座 事業戦略編②】 資金繰り表(竹井弘二/行政書士)

   

みなさん、こんにちは。

こんな格言を聞いたことがあるでしょうか?

「勘定合って銭足らず」

黒字・黒字でビジネスを進めていたのに、気が付くと現金(キャッシュ)が足りなくなる(ショートする)という状態です。

今回は「勘定合って銭足らず」にならないように現金収支の管理をしっかりしましょうというテーマです。

黒字倒産

丸尾さん「先生、こんにちは。友人の会社の事業が行き詰まって、大変みたいなんですよ。この間まで業績好調だったはずなのですが、いわゆる黒字倒産だ、なんて言われているみたいです。」

私「財務基盤が確立されていない頃に起こる話なんですよ。会計上の売上がたっても、入金が1か月後とか3ヶ月後っていうのは法人向けビジネスをしているとよくありますよね。」

丸尾さん「はい。小さい会社としてはなかなか「早く払ってください」とも言えず厳しいところです。」

私「そうですよね。ところが、入金よりも先に仕入や外注費などの支払いが来てしまうと、売上は立っているのに現金がないので支払いができない、いわゆる支払い不能な状態になってしまうことがあります。これが黒字倒産の実態です。」

資金繰り表をつけよう

丸尾さん「なるほど。では、どのようにすれば黒字倒産を防げるのでしょうか?」

私「いい質問ですね。現金の管理ができていないことが黒字倒産の原因ですので、現金の収支を管理しましょう。そのためには資金繰り表をつける必要があります。」

「資金繰り表の詳しい説明はこのページを読むとよいでしょう。」

「ひとまず、月次で、現金の収入(売上の現金払い、売掛金の回収、その他の収入)をまとめましょう。

また、現金の支出(減価・人件費・販管費・買掛金の支払い、借入金の支払い、その他の支出)をまとめましょう。」

「そのうえで、現金の底になる月を確認し、現金不足(キャッシュのショート)にならないように、資金の手当てをする必要があります。」

丸尾さん「資金の手当てとは?」

私「一般的には短期の融資(借金)が考えられますが、売掛金の早期回収や買掛金や借入金の支払い条件の変更なども手段としてはありえます。」

丸尾さん「なるほど。」

私「なんにせよ、正常に売上が立っている状態での資金ショートは避けなければなりません。そのためにも資金繰り表をきちんとつけましょう!」

 - Blog, 独立準備 ,

  関連記事

【LAO起業講座 人事編④】 退職後の雇用保険 (榊 裕葵/社労士)

会社を退職して起業の準備をする期間の雇用保険からの給付について本稿では説明をした …

【LAO起業講座 会計税務編⑳】税理士の使い方(栗田倫也/税理士)

今回で最後の記事ということで、税理士について少し書いてみたいと思います。 これま …

【LAO起業講座 事業戦略編⑤】 資金調達〜資本と負債2(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きです。 資金調達〜資本と負債1 詳しくは …

【LAO起業講座 法務編⑨】 売買契約(竹井弘二/行政書士)

みなさんこんにちは。 今日のテーマは売買契約です。自らが製造するケース、仕入れて …

【LAO起業講座 事業戦略編①】 事業計画書(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 今回から事業戦略編と銘打って進めます。 第1回は「事業計 …

青色申告の承認申請書の提出を忘れた場合の緊急対策(法人限定)

  法人を設立したら税務署へ設立届などの書類を提出する必要があるが、大 …

【LAO起業講座 会計税務編⑮】役員借入と役員貸付(栗田倫也/税理士)

資金繰りが苦しくなると役員がお金を出すことがあります(役員借入)。逆に、資金繰り …

【LAO起業講座 人事編⑪】 未払い残業代のトラブル (榊 裕葵/社労士)

昨今、未払い残業代に関するトラブルが増えています。 我が国においてサービス残業は …

【LAO起業講座 人事編③】 退職後の社会保険 (榊 裕葵/社労士)

独立を志して会社を退職するとき、多くの方が心配するのは、独立後の医療保険や年金の …

【LAO起業講座 法務編①】 個人事業主か法人化かそれが問題だ (竹井弘二/行政書士)

みなさんこんにちは。 行政書士・CFPの竹井です。私のパートでは主に法務面から観 …