起業家を応援するLAOアライアンス

起業家を応援するLAOアライアンス

【LAO起業講座 事業戦略編⑤】 資金調達〜資本と負債2(竹井弘二/行政書士)

   

みなさん、こんにちは。

今回は前回の続きです。

資金調達〜資本と負債1

詳しくは上のリンクから見ていただきたいのですが、丸尾さんが500万円の資金調達をするにあたり「資本」か「負債」で迷っているというお話でした。

資本=株式のメリット・デメリット

私「丸尾さん、おまたせしました。前回の続きです。」

丸尾さん「3週間も待たされるとは思いませんでした。。。」

私「まあまあ、まずは資本=株式のメリットを上げていきましょう。

  • 前回もお話しましたように株式は返済の義務がありません。
  • 貸借対照表にも負債ではなく、資本として計上されるので、財務的にも強固になるといってよいでしょう。」

丸尾さん「なるほど」

私「一方のデメリットとしては

  • 株主は会社の基本的な事項を決定する権原を有します。特に取締役等の役員の選解任権を有します。したがって、株式の50%超を保有されると、社長の首すら安泰ではなくなります。
  • 一般に株主は債権者に比べて多くのリターンを期待します。立ち上げ直後の会社に出資する人は、少なく見積もっても年利20%から30%は期待しているといっていいでしょう。その程度の成長もできないと、社長が解任圧力を受ける可能性があります。」

丸尾さん「なぜ、株主は債権者よりも多くのリターンを期待するのでしょうか?」

私「いい質問ですね。債権者は、元本と利息の返済を他の債権者と一緒に請求することができます。一方で株主には、原則として株式の払い戻し請求権はありません。会社が清算することとなっても、債権者が回収した後で、株主は財産を分けてもらうことになります。このように債権者に比べて劣後する地位にいるので、当然大きいリターンを要求するわけです。」

丸尾さん「なるほど。株主からのプレッシャーは大きいわけですね。」

債務のメリット・デメリット

私「一方、債務、つまり借金の場合のメリット・デメリットは株式と表裏一体と言えるでしょう。」

「借金の場合は決められた期日に返済する義務がありますが、返済さえすれば他の法的な義務は負いません。会社の支配権を債権者が有することにもなりません。」

「ただ、新株予約権付社債など、株式と債権の両方の性質を有するものもありますので、一概にはいえませんが。。」

ではどっちがいいの?

丸尾さん「では、今回はどうすればよいのでしょうか?」

私「一般論として言えるのは、借金による場合はリスクの小さいビジネスが適しています。大きなリターンは望めないけど、リスクも小さい。このような場合は借金にして、確実に返済していきましょう。」

「一方、リスクが大きく、大きなリターンが望める場合は、株式が適しています。大きなリターンが取れれば株主に皆さんに分配すればよく、逆にずっこけた場合は、社長の地位は負われるかもしれませんが、法的な返済義務を負う必要はありません。」

丸尾さん「なるほど、資金使途と照らしあわせて考えてみます。」

 - Blog, 独立準備 ,

  関連記事

【LAO起業講座 法務編⑩】 業務委託契約(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 商談がまとまったもののどのような契約をしていいかわからな …

【LAO起業講座 会計税務編⑪】交際費の税務上の取り扱い(栗田倫也/税理士)

今回は交際費についてです。やっと日々の業務と密接に関係してくる内容になってきまし …

【LAO起業講座 FP編①】 経営者のライフプランニング(竹井弘二/CFP)

みなさん、こんにちは。 1年にわたって連載してきたLAOの起業講座もあと少しです …

会社を設立しよう(竹井弘二/行政書士)

みなさん。こんにちは。 起業というと会社の設立という話がまず浮かんでこようかと思 …

【LAO起業講座 会計税務編⑨】会社役員の退職金の決め方(栗田倫也/税理士)

今回は会社役員の退職金についてです。このブログの読者は創業前後の方が多いようです …

【LAO起業講座 法務編①】 個人事業主か法人化かそれが問題だ (竹井弘二/行政書士)

みなさんこんにちは。 行政書士・CFPの竹井です。私のパートでは主に法務面から観 …

【LAO起業講座 会計税務編⑲】税務調査が・・・(栗田倫也/税理士)

起業して3年から5年程度経つあたりから税務調査が入る可能性がでてきます。その後も …

【LAO起業講座 人事編⑪】 未払い残業代のトラブル (榊 裕葵/社労士)

昨今、未払い残業代に関するトラブルが増えています。 我が国においてサービス残業は …

【LAO起業講座 会計税務編⑳】税理士の使い方(栗田倫也/税理士)

今回で最後の記事ということで、税理士について少し書いてみたいと思います。 これま …

【LAO起業講座 法務編⑫】 知財入門〜特許権と著作権(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 ビジネスを進めていく中で、障害となったり武器となったりす …