起業家を応援するLAOアライアンス

起業家を応援するLAOアライアンス

【LAO起業講座 事業戦略編⑥】 企業価値評価入門(竹井弘二/行政書士)

   

みなさん、こんにちは。

ビジネスを軌道に乗せるのは大変なことですが、軌道に乗ったビジネスを更に大きくするのも大変なことです。

ビジネスを大きくするにあたっては、M&Aを含めた投資を避けて通ることはできません。

というわけで、M&Aの際に必要となる企業価値評価のさわりを勉強してみましょう。

企業買収の話が持ち込まれました

丸尾さん「先生、こんにちは。早速ですが、取引先から知り合いの企業を買わないかという打診が来ました。」

私「最近業績もいいし、こういう話は多くなりそうですね。」

丸尾さん「はい。もう一段階大きなビジネスにするためにも買収という手法も選択肢に入れたいと思っています。が、なにせ初めてのことで、色々とわからないことだらけです。」

私「会社は生き物なので、お金払って買いました、売上が2倍になります、なんて単純な話にはならないわけです。先方企業の企業文化、企業理念、取得できる経営資源などを見極めて買収に移らなければ意味がないわけです。」

丸尾さん「はい。そう思います。」

私「んで、これらの話を事細かにやっていくと本が一冊かけるので、買収金額の適正性に絞って話を進めましょう。」

丸尾さん「お願いします。」

会社の値段はいくら?

私「企業の価値を評価する方法はいくつもあります。代表的なものに絞ってお話しましょう。」

「まず、その企業が保有している純資産(=資産−負債)で評価する方法があります。買う側からすれば、純資産で買えれば、すぐ会社を清算しても損はしないのでありがたいのですが、収益性を無視した金額がその企業の価値といえるかは疑問も残ります。」

「次に、類似企業の株価を参考にする方法があります。たとえば、居酒屋を買収する際に上場している居酒屋(鳥貴族とか)の株価を参考にするわけです。収益性を考慮した評価にはなりますが、あくまでも「類似企業の株価」であり、当該企業の価値といえるかは疑問も残ります。」

「そこで、当該企業の収益性に着目した評価を中心に据えると良いでしょう。」

「当該企業が将来あげるであろう収益を現在価値に割引くという収益還元法という手法を理解するといいと思います。」

丸尾さん「現在価値に割引くとはどういうことでしょうか?」

私「いまここにある100円と1年後100円を貰える権利って価値が違いますよね?」

丸尾さん「確かに今ここにある100円のほうが価値が高いですね。」

私「その通り。時間の経過にしたがって収益は増えないといけないのです。たとえば、ある投資家が1年あたり10%の利益を欲していた場合、今ここにある100円は1年後110円になっていないといけません。」

「逆に、1年後の110円は、110円÷(1+0.1)=100で今の100円と同じ価値ということになります。この(1+0.1)で割る作業が現在価値に割引くという話なわけです。」

「通常複利で考えますので、2年後の収益は(1+0.1)^2で、3年後の収益は(1+0.1)^3で割る必要があります。」

丸尾さん「なるほど、当該企業の収益から企業価値が導けるわけですね。」

私「はい。ただし、将来の収益は見積もり・予測に過ぎませんので、完璧に企業価値が把握できると思ってはいけませんが。」

「したがって、純資産や類似企業の株価なども参考に、この収益還元法を使いこなすと良いでしょう。」

丸尾さん「ありがとうございました。」

 - Blog, 独立準備 ,

  関連記事

【LAO起業講座 会計税務編⑤】消費税の仕組み(栗田倫也/税理士)

今回は、消費税の仕組みを説明いたします。 消費税は、原則として、「預かった消費税 …

【LAO起業講座 法務編④】 株式会社を設立しよう その2 (竹井弘二/行政書士)

みなさんこんにちは。 今回は起業講座法務編。 前回(【LAO起業講座 法務編③】 …

【LAO起業講座 人事編⑤】 社員の求人を行う (榊 裕葵/社労士)

今回は、社員の求人の方法について説明します。 ハローワーク 求人にあたってもっと …

【LAO起業講座 人事編⑭】 不当解雇トラブルが発生した場合の対応 (榊 裕葵/社労士)

多くの経営者の方が肌身で感じていらっしゃるように、我が国は解雇規制が非常に厳しい …

【LAO起業講座 法務編⑧】 秘密保持契約(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 前回に続いて契約の話です。新規取引・提案に欠かせない秘密 …

【LAO起業講座 事業戦略編③】 SWOT分析(竹井弘二/行政書士)

みなさん、こんにちは。 起業を志す人は熱い思いを持つ方が多いと思います。 熱い思 …

会社設立時の役員報酬の決め方(栗田倫也/税理士)

役員報酬は自由に変更できない 会社設立直後は資金繰りの関係もあり、社長の給与(役 …

【LAO起業講座 会計税務編⑰】今年はふるさと納税をしてみよう(栗田倫也/税理士)

これまで会社の税金を中心に説明してきましたが、年末も近づいてきたこともありますの …

【LAO起業講座 人事編⑮】 退職金制度を作る (榊 裕葵/社労士)

今回は退職金規程について話をします。 従業員への福利厚生や、採用にあたっての競争 …

【LAO起業講座 会計税務編⑥】納税意識を持とう(栗田倫也/税理士)

納税は義務なんです 前回と前々回で法人税の計算方法や消費税の仕組み、そして税金の …